幸田真一建築設計事務所ロゴ

幸田真一建築設計事務所



建築家とつくる注文住宅|東京三鷹

幸田真一建築設計事務所

HOME | Works | 新築なのに懐かしいフラットハウスの作り方

平屋

新築なのに懐かしいフラットハウスの作り方

家づくりの事例

築40年の旧家屋の建材をリユースする試み

逗子の山を背後に抱える500平米の敷地に建つ平屋の住宅です。敷地に誇らしげに佇んでいた築40年の旧家屋が確かに刻んできた時の流れ。圧倒的な存在感を持つ床材や木製サッシなどの建材をリユースするために丁寧に生け捕りし一時保管しておきました。一方で、建物の骨格は耐震性や断熱性など最新の仕様を取り入れながら設計しています。新築とリユース、二つの要素が建物として一つになった空間は、安全・快適でありながら、どことなく懐かしい家の空気となりました。リビングの下げ床を中心とした家族の程よい距離感を大切にした間取り、背後の山の迫力に負けない力強いフレームの外観は穏やかな土地の雰囲気ととてもマッチしています。このプロジェクトは建主である写真家・水谷太郎氏と、その友人であるインテリアデザイナー・佐々木一也氏との協働プロジェクトです。

三角屋根の旧家屋
 
旧家屋の玄関
 
フローリングの保存
 
旧家屋の木製ペアサッシ
新築の平屋
 
下げ床のリビング
 
トップライトのキッチン
 
山を望むキッチン
ロフト形式の子供部屋
 
ランドリー
 
玄関
 
トップライト
こだわりのディテール
 
キッチン
 
こだわりのディテール
  
視線の抜けるLDK